読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アジングロッドについて質問です。 現在ヤマガのブルーカレントTZ53を使用し

アジングロッドについて質問です。 現在ヤマガのブルーカレントTZ53を使用していて、 性能的には不満がないのですが、 使用感的に一つ不満なのが、自分にはテールが短すぎて ワンハンドキャストしかできないことです。 そこで、同じワンピースロッドで同じような価格帯の テイルウォーク アジスト58TZ の購入を考えております。 カタログ値で言えば 長さ1603mm→1730mm 重さ50g→74g リールシートからグリップエンドまでの長さ 155mm→225mm チューブラー→ソリッド の、違いとなりますが、実際の使用感など 詳しいかたの回答をお待ちしています。 因みに、使用リールはストラディックC2000S エステル0.3号 リーダー フロロ4ポンド ジグヘッドのみで使用しています。 良さそうなら、ブルーカレントを下取りに出そうと思っています。

私はアジストTZの510SL(10周年記念モデル)を所有しています。 53TZは友人が所有しており数時間借りて使ったことがあります。 58TZではないので若干感覚が違うかもしれませんが、メーカーも同じでロッドコンセプトも似てるので多少は参考にはなると思います。 ツーハンドキャストは間違いなくしやすくなります。 これはグリップエンドまでの距離を考えれば想像出来るかと思います。 重量が74gに増える部分についてですが、数値上ではかなりの重量増ですが実際に使ってみると大して気になりません。 アジストは重心を極力リール取り付け部付近に持ってくるセッティングをしているため操作時にダルく感じにくくなってます。 重めのストラディックとも相性が良いでしょう。 私はストラディックと似た重さのツインパワーに、58�

��り更に長い510を合わせていますがそれでもかなりのバランスの良さを維持していますよ。 53TZとアジスト58の使い心地の違いは実際結構あると思います。 ソリッドとチューブラーから来る違いもありますが、どちらかというと曲がり方の違いで使い手に伝わる情報に差が出ている気がしました。 順に説明します。 キャストフィールですが、これは53TZの方が全身がムチの様にしなりロッド全体で飛ばしている感じですね。 アジストはベリーセクションが53TZより少し強いので穂先で飛ばす感じがします。 実際の飛距離は大差ありません。 ジグ単でやるには十分な飛距離が出ていますので問題ないです。 操作性ですが、ジグヘッドにアクションを付けるなどするときはどちらも同じような使用感でした。 これはどちらかというと感度�

��な話ですが、ジグヘッドにアクションを付けるときに手元にトントン伝わってくる感じはアジストの方がしっかりしてます。 次は感度という部分でのお話です。 手にコンコンカンカン伝わってくる感じはアジストの方があると思います。 これは所有している友人も言ってました。 多分53TZがスローテーパーだからだと思います。 アジスト58はエクストラファーストですのでその違いだと思います。 素人的な解釈ですが、スローテーパーだと振動を伝えきれずに多少吸収されてしまうのかと感じますね。 良く言えば無駄に高感度すぎないですし、手に伝わってくる音質が違うとも言えます。 振動伝達的な感度ではなく、ティップの変化や荷重変化での感度は、個人的にはアジストの方が上だと思いました。 個人的な感じ方の違いもあ��

�ので一概には言えませんが… アジストはエクストラファーストなので竿先から曲がっていきます。 ティップの変化を目で確認するにはこっちの方がわかりやすいです。 潮の重みを感じたり、手に振動が来ない食い方してきたときなど、荷重変化を感じる部分では53TZもアジスト58も大差は感じませんでした。 魚を掛けたとき面白かったのは53TZです。 豆アジでもロッドがグイッと曲がるので楽しかったです。 ですがアジスト58もアジングロッドの中では曲がる方だと思います。 豆でも十分楽しめるはずです。 長くなりましたがザッとこんな感じです。 参考にしてみてください。

楽天市場で月末までの期間限定ポイントが結構あり、使い切れません。このポイントを期間延長(ロンダとか言うんですか? )する方法を教えて下さい。 「〇〇を買う」みたいなものでも構いません。よろしくお願いいたします。

2チャンネルの「ポイント・マイル板」の楽天ポイントのスレッドをご覧ください。 その手の話題が結構出ているようです。